Flankerの見聞録

バイクとカメラと食った物を自分視点で語っていきます。

ETC二輪車ツーリングプラン2018年版の使い方について考える

ETC二輪車ツーリングプラン2018年版の使い方について考える

去年から始まった「ETC二輪車ツーリングプラン」ですが、今年からエリアと開始時期を早めて4月27日からスタートすることになりました。

 

2018年版は開始を4月27日から開始になり、さらに対象コースも関東圏から中部関西、九州と対象地域とコースが増えました。

 

関東圏のコースだけをみれば、昨年まで適応範囲外だった福島や諏訪、静岡まで範囲が広がりました

f:id:Flanker250Rally:20180418173815p:plain

2017年版ツーリングプランの対象エリア(NEXCO東日本エリア)

f:id:Flanker250Rally:20180418174023p:plain

2018年版ツーリングプランの対象エリア(NEXCO東日本エリア)

 

しかしながら対象エリアの拡大により今年からコースによって値段や利用期間がかわります。

①関越道・上信越道・中央道コース:利用期間2日間で4000円

東北道常磐道磐越道コース:利用期間3日間で5000円

東関東道・館山道・常磐道コース:利用期間2日間で3000円

④首都圏・東名・中央道コース:利用期間2日間で3000円


昨年は全てのコースで利用期間2日間で2500円でしたので、対象エリアが広がったとはいえ値上がではと思えてしまいます…

 

更に今回のエリアでは私としては非常に困った事態になっていることが判明しました。

 それがこの拡大したエリア。

f:id:Flanker250Rally:20180418180826p:plain

個人的に困ったエリア

丁度①と②の境目にあたるエリアです。

圏央道及び北関東道の一定区間がどちらのエリアとも対象外になっています。

北関東道:前橋南~佐野田沼間

圏央道:白岡菖蒲~坂戸間

 

ビーナスラインや富士山周辺に行こうと思って①のコースに応募しても前橋南か坂戸まで下道行く、または高速を一旦降りてまた乗り直す必要があります。

 

 ここで往復での高速料金と移動時間を比較してみます。

比較するパターンはビーナスライン土曜日に、宇都宮上三川ICから佐久南ICまで下記の北関東道上信越道の最短ルートで行くと仮定します。

行きは宇都宮上三川ICを6:30に出発

帰りは佐久南ICを14:30に出発するとします。

f:id:Flanker250Rally:20180418184311p:plain

 ①プランを登録せずにそのまま行く場合:片道2340円・往復4680円

 

②プランを登録して前橋南まで高速を使い、いったん降りて入り直して佐久南に向かう場合:宇都宮上三川~前橋南間は片道1670円、往復では6720円(内訳:プラン料金4000円+プラン外の高速料金1360円×2【往復分】)

 

③プランを登録し、前橋南を下道を使い前橋南~佐久南間を高速を使う。プラン外区間(宇都宮上三川~前橋南間)は高速は使わず下道を使う場合:往復では4000円(プラン料金通り)

 

料金的に比較すれば、③のプラン対象エリアまで下道を使った方が最も安いです。

しかし時間比較すると結果は変わってきます。Googleマップで検索してみると

 

①では行きは1時間40分~2時間10分、帰りは1時間40分~2時間20分

 

では前橋南インターの乗り降りがあるだけなので①とほぼ同じ行きは1時間40分から~2時間10分、帰りは1時間40分~2時間20分

 

③では宇都宮上三川IC~前橋南ICを下道(国道4号国道50号経由)で行くので行きは2時間40分から~4時間30分、帰りは3時間~5時間

という検索結果になりました。

 

時間比較すれば高速の乗りっぱの①②が速いです。まあ判りきったことですが…

 

料金・時間を比較し総合的に判断すれば、①のプランを使わず高速乗りっぱの方が良いでしょう。

 

ツーリングプランの注意書きにも書いてますが「ご利用される日時・区間によっては、通常料金およびETC時間帯割引の方が安価な場合があります」とあるので、使う際はしっかり考えて使う必要があると思います。

 

ではどこで使うか!?

 

私の場合ですが使い道としては②の東北道常磐道磐越道コースで使い道はあると考えてます。

かなーり限定されていますが、平日に磐梯吾妻スカイラインに走り行く際に東北道を使う時はツーリングプランを使った方が安くなります。

使う高速区間東北道矢板インターを起点と終点とし、行きは磐越道磐梯高原ICで降り、磐梯吾妻スカイラインを走って東北道の福島飯坂ICから高速に乗って帰るルートです。

これなら高速料金が以下の通りになります。

行きの場合:矢板磐梯高原間が2700円

帰りの場合:福島飯坂→矢板間が3000円

往復合計で5700円となりツーリングプランの方(3日間で5000円)の方が安くなります。

ただし、休日の場合は休日割引の方が安くなります。(往復合計で4000円)

 

昨年から始まっているこのツーリグプランですが、放射状に延びた各高速道路の起点付近の首都圏在住のライダーにはかなりお得なプランです

しかしながら、中間点である北関東3県在住のライダーには使いどころが難しいプランでもあります。

 

色々言いたいことがあるのですが来年以降のプラン継続、そのあとに続くであろう高速道路の二輪車専用料金制定にむけても頭をひねって活用していこうと思います。

 

とにかくライダーの皆さん!ツーリングプランを活用して日本を走りましょう!

f:id:Flanker250Rally:20180405200312j:plain

 

※6月2日更新

5月24日に8月限定の東北拡大プランが発表されました!

flanker250rally.hatenablog.com